スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、夜光堂のうさぎです(・ω・)/

今回はブライスドールの写真です。
苦手な方はバックをお願いしまーす(^-^)/



******************************

午前7時半。
この辺りのお店は10時開店だから
まだ人は少ないわ....。



これなら
チャンスはありそうね。

IMG_5728_convert_20160829063512.jpg



IMG_5726_convert_20160829063413.jpg



IMG_5727_convert_20160829063438.jpg


今!!!


IMG_5737_convert_20160829063540.jpg



IMG_5738_convert_20160829063613.jpg

あっ後ろに自転車がっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
初めての市街地での外撮り、緊張しますねっ!!

スポンサーサイト
こんばんは、夜光堂のうさぎです(・ω・)/

今回は怖い写真はございませんので
どなた様もどうぞ〜(^-^)/


帰宅後ずっと雨続きで気温も20度以下だったのですが、
今週はまた35度ぐらいの日々が戻って、夏らしい気分を楽しんでいます。
やっぱりこれくらいの気温でないとアイスが美味しくないですよね!

さてさて、実は今年の6月1日に購入していたヴァリエガタ・ディ・ボローニャ

このバラ、どうやらつるバラだったようで(何と知らずに購入してた!)
ベランダでは収拾がつかない事になってきたので
旅行の直前に東側玄関に移動させていました。

右から2番目のピローンと長い株です。これは旅行前。


今年は春から初夏にかけて天候不順で、寒くて晴れの日がなかったので、
はっきり言って油断していました(汗)。

旅行中急に暑くなり、晴れの日が続くとバラたちは突然爆発的に成長を始め、
つる系はさらに収拾がつかない状態に。
帰宅後、近所の方に「これはちょっと...」と言われたので
支柱を立てて誘引的なことをしてみました。

残念ながら誘引前の写真は撮り忘れてしまいました。

DSCN2564_convert_20160829051806.jpg

ちょっとはスッキリ見えるでしょうか?
つるバラはできるだけまっすぐ長く伸ばし、冬に誘引するのが普通みたいですが
集合住宅の玄関横なので、手入れされていないように見えるのはNGです。
うちみたいな、観光客も来ない下町の貧乏住宅街みたいなところでさえ
ドイツの景観条例は厳しいです(笑)。

DSCN2565_convert_20160829051830.jpg

うどん粉病が出ていますので薬剤散布をしました。
ついでに近隣のバラにも、予防をかねて散布。
が、散布した翌日から同じく玄関横のアウグスタルイーゼに黒点病が出始め、日に日に葉がなくなってゆきます。
薬が効いてない?
それとも気温が高すぎるのかちょっと分かりません。
ベランダでは黒点病が出ないので勝手が違いますね。

嬉しいことに、旅行中に立派なベーサルシュートが出ていまして。

DSCN2563_convert_20160829051724.jpg

今年は花を見ていないので、来年の開花を楽しみにしています!o(^▽^)o
こんばんは、夜光堂のうさぎです(・ω・)/

今回はプーリップドールの写真です。
苦手な方はバックをお願いしま〜す(^-^)/


もうバラがとても見られたものじゃない状態になってしまったうさぎさんち、
春の写真はまだ残っているものの、しばらく園芸記事は書けないと思われます。

そんな訳で、5月〜7月にお休みしていたアウトフィット製作が堂々の復活(笑)!

いや〜、ありがたい事に、ちょっとサボっている間に
ショップ在庫が3点になって、寂しい売り場画面になってしまいました。
また製作頑張りまーす!

******************************


さてさて。

去年間に合わなかったハロウィン風ドレスセット、
今年は間に合わせるべく早めに開始しました。
来週から忙しくなるけど、これだけ時間があれば多分間に合うでしょう(笑)。
只今プーリップ用2点、ブライス用2点を準備中ですっ。o(^▽^)o

テーマはシンプルなドレス、小物で遊ぶ、これです。
ドレスだけなら年中使えるデザインで、付属品で仮装、
もちろんお手元のアウトフィットとコーディネートも可能です。
貧乏性なので、やっぱり季節物でもできるだけ長く使えることを考えてしまいますねー。(〃▽〃)

プーリップ用その1、黒猫セット


ちょっとあざとい?\(//∇//)\
こういう系統の服は初めて作りました。
ギラギラしたドレスはニューイヤーパーティやカーニバルでも使えるかと。

こちらはもう完成していますので
エッツィで使う商品写真を撮影しちゃいました!

プーリップ用その2
DSCN2553_convert_20160817014308.jpg

ドレスだけ完成〜。付属品は豪華になる予定ですっ。


ブライス用その1
DSCN2555_convert_20160817014339.jpg

ヘッドドレスのみ完成〜。
ドレスはオレンジと黒の生地を使います。

ブライス用その2は、まだ取りかかっていませんが
チャコールグレーと紫がメインカラーになる予定です。
間に合えばですが〜(爆)




夜光堂

こんばんは、夜光堂のうさぎです(・ω・)/

今回は巨頭ドールと可動関節ドールの写真がいっぱいです。
苦手な方はバックをお願いしま〜す(^-^)/


******************************

私がドールに興味を持ち始めたのは、2014年秋頃からでした。
始めはドールブログを見るだけだったのが、2015年夏、ついにプーリップを入手。
順調に人口が増えています(笑)。

もっと大きいリアル系ドールにも興味があるんですが
家族が「それ買ったら離婚するから」というので
こちらは、そのうち、いつか、の夢です。
仕方がないので、そのドールを扱っているお店のサイトを3日と空けず覗いてます。

******************************


ではでは、とりあえず今うちにいるドールの紹介です。
写真のサイズがばらばらですみません〜((((;´・ω・`)))


ミルクラテPullip/グルーヴ


2015年8月20日到着。うさぎさんちの初ドールです。
ダーク寄りつり目メイクのせいか、妙に貫禄がある姐御キャラ。
秋葉原出身、我が家呼称はミルクさん。


アルベリックTaeyang/グルーヴ
IMG_0650_convert_20160813051505.jpg

2015年10月21日到着。
アメリカ出身。海外発送料金がドール自体より高く、国内送料は無料だったのでアメリカ人の知り合いが実家に帰るのに合わせて購入、ドイツに運んでもらいました。初期不良ボディなのか持ち上げた瞬間、アウトフィットの中でボディパーツがバラバラに。友人から受け取った時すでに不良品交換の期間を過ぎていたので、ボンドでパーツをくっつけて現在不可動。我が家の巨頭女子達の憧れ、高嶺の花(爆)。我が家呼称なし、製品名のまま。


ロマンティックアリス ピンクVer.Pullip/グルーヴ
t02200293_0480064013542307014.jpg

2016年1月13日到着。
ドイツ出身。ドール服を販売するにあたって、ミルクさんに似合わないカラフル可愛いロリータ寄りファッションが似合うモデルさんを探していて、真逆なタイプのドールをスカウト。第一印象は、フランスの田舎の小学生でした(笑)。我が家呼称はアリス。そのまんま。


チェックイットアウトBlythe/タカラトミー
DSCN1863_convert_20160813051446.jpg

2016年1月27日到着。
年始に大阪の実家に帰る友人に頼んでドイツに運んでもらいました。我が家呼称は連想ゲーム式に、チェックイットアウト→チェック→(和訳)格子柄→格子をかくこと読み替え→かっこちゃんになる。大阪日本橋出身、関西弁キャラ。


運命の夜MOMOKO/セキグチ
IMG_5741_convert_20160813051614.jpg

2016年3月に実家に到着、同年7月17日に受け取る。
夏に帰国することがすでに分かっていたのと輸入関税が惜しかったので、実家に届くように手配しました。優しげだけど芯のある表情のドールです。名古屋出身。うさぎさん、ついにMOMOKOに手を出す(笑)。
巨頭一族とは頭身があまりに違うので、何となくスーパーモデル的な立ち位置に。
製品名から夜の字を使いたかったのと、パリコレモデルだった山口小夜子さんのイメージから我が家呼称は小夜子。

ウィンタリッシュアルーアBlythe/タカラトミー
IMG_5721_convert_20160813051529.jpg

2016年7月28日到着。
帰国中にポチった、おそらく国内トップショップ最後の在庫。定価で買えなかったら諦めるつもりだったので嬉しいですっヽ(´∀`)ノ
このドールが手に入った時、ドールブロガーさんが使うお迎え、ご縁という言葉がストンと胸に落ちましたね。
ところでこの子まんじゅうみたいな顔なのに、どうしてこんなに色っぽいの(笑)。
デフォルト衣装ががポーランドの民族衣裳に似ていたので、アルーアをスラブ語圏人名風に変換、我が家呼称はアーリャ。


ヒースの妖精MOMOKO/セキグチ
IMG_5753_convert_20160813051636.jpg

2016年8月10日到着。
ドイツ出身。ドール服を売って得たお金で購入しました。これ以後、ドール本体、付属物全てドール服からの収入でまかなうことに。小夜子さんと一緒に並べて違和感のない淡い瞳なのに、目力がすごい。
製品名のヒースは男性的な名前みたいだったので、ヒース(植物)の学名から我が家呼称はエリカ。
こんばんは、夜光堂のうさぎです(・ω・)/

今回は状態の良くないバラの写真が続きます。
興味のない方はスルーをお願いしま〜す(^-^)/


先の記事で、日本に行っていたと書いた事を覚えている方もいらっしゃるでしょう。
その間近所の花友さんに水やりを頼んでいたのですが、
帰って確認してみたら、かなり悲惨な事になっていました。

断っておきますが、花友さんは今回もちゃんと水やりをしてくれていました。
3日以上出かける時には毎回頼んでいる人で、
うちの屋内栽培の変態系植物に至っては純水使用、霧吹きを使ったり、
秤で鉢の重さを測ってまで水やりをしてくれるような人なので、その人に非はありません。

けれども今年の異常な天気のせいで、ただでさえシビアな管理が必要な西側ベランダは
さらに水やり難易度Max状態になってしまっていて......
おまけにハダニが大発生してしてしまい、全体的にボロボロです。



日本で時々家周辺の気象をチェックしていたのですが
連日の雨と低温の後、38度を超える晴天日が数日続くということがあったようです。
毎年6月から7月にかけて、何度かこういう事が起こります。
こんな時、必ず強烈な葉焼けを起こし、枝先はカリカリに干からびて潰れます。

DSCN2529_convert_20160812235159.jpg

ハダニまみれとか。

DSCN2527_convert_20160812235604.jpg

すでに葉が全くないので、葉焼けかハダニか原因が分からない個体もありました。
おそらく両方でしょう。

比較的良い状態だったのは、
クラウンプリンセス・マルガリータクアフュルスティン・ゾフィーマダムアルディブルーガールポールセザンヌノヴァーリスの6品種でした。
これらはハダニには後回しにされる品種かもしれません。
何しろ毎回同じ品種からハダニの餌食になりますからねえ。
高温耐性は未確認ですが、少なくともクアフュルスティン・ゾフィー、ブルーガール、ノヴァーリスは用土の乾燥によく耐え、へなへなになっても割とすぐ復活するのかも?という気がしています。
と言っても栽培歴4年目の素人の考えなのであまり間に受けないで下さいね〜(ノω`*)ノ

残念だったのはこの2株。

DSCN2542_convert_20160812235655.jpg

ステファニー・バローニン・ツー・グッテンベルクはすでに枯死。

DSCN2541_convert_20160812235632.jpg

ガルテントロイメは枝先に緑の葉が残っていますが
根がいってるっぽいですね。
これも助からないでしょう。

花友さんはきっと、38度が続いた数日に、みるみるうちにバラの葉がしおれるどころか
カリカリに乾いて落葉していくのを見て大量に水をやり、いきなり気温が20度以下になるとその水が乾かず根腐れの原因になったんではないかと勝手分析をしていますが....

遮光材を用意しておけば良かったのかもしれませんが、
好意で百鉢以上の植物に水やりをしてくれる人にこれ以上お願いするのは気が引けます
(´・_・`)
あっ、鉢数を聞いてドン引きした人、手〜挙げてっ(笑)!



一方東側玄関横スペース。
こちらは別の人に、暑くて晴れた日だけ毎日潅水、曇りだと2〜3日に一回潅水をお願いしていました。

DSCN2545_convert_20160812235222.jpg

異常なしです。

DSCN2546_convert_20160812235245.jpg

草刈機で切断されたマリアテレジアの跡地には、再び同品種が植えられ、具合良く育っているようです。初代は残念ながら助かりませんでした。
アウグスタルイーゼ(左)にはハダニが出始めていました。

普段から思うことなのですが、面白いのは建物の西側か東側か、というだけでこんなにも差があるということです。
東側は、連日晴れの時だけちょっと水やりをすれば、あとはなんにもやることはありません。

DSCN2547_convert_20160812235717.jpg

最後に帰宅した日に咲いていたバラを。
左、ピース、右上、チッペンデール、右下、ポールセザンヌでした。
帰ってきてからは、ずっと曇りか雨、20度以下の日が続いています。
もう夏は去ってしまったのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。